Seiichi Yonezawa — How creativity is helped by failure

開発日記 #43

先週の日記を今頃書こうかと思っているのですが、ぼちぼちとこのサイトを改修し続けています。そして今日はタグによる検索機能を実装しました。といっても、まだタグはほとんど設定していませんが。

Continue Reading

Turbolinksとdata-remoteを勘違いしていた

Turbolinksはページの読み書きを高速化させるための仕組みなのですが、似たような仕組みとしてdata-remote=trueをDOM要素に指定することができます。題名の通りですが、これはどちらもXHR絡みの技術であることには変わりないと思います。

Continue Reading

リニューアルしました

前回のリニューアルからわずか2ヶ月しか経っていませんが、新しいテーマを採用しました。今回はメモも兼ねて更新します。

Continue Reading

祝日の取得

有給休暇を取得しようか悩ましい時期が訪れますね。それはそうと、現在案件で「年末年始を取得する」コードを書いていたのですが、その判定のなかに「祝日を取得する」というライブラリが用いられていました。その特徴によると:

Continue Reading

Dwemthy's ArrayをJavaScriptで置き換えると

きっかけはまたいつもの思いつきに過ぎないのですが、かの有名なDwemthy's Arrayを今更ですがJavaScriptで置き換えてみました。ちなみに日本語の翻訳はこちらで公開されています。Rubyで伝説的なハッカーといえば、Rubyのパパことまつもとゆきひろさん、Ruby on RailsのクリエイターことDavid Heinemeier Hansson通称DHH、そしてこの感動的ガイドを世に送りだしたWhy the lucky stiff。他にもRubyで有名な方はたくさんいますが、三本の指を選ぶならやはり_whyは欠かせません。もちろん_whyの功績は感動的ガイドだけではありませんし、リアルタイムで会ったこともなければ、まして面識すらないのですが、私がこうしてRubyを使っていることに計り知れない影響を与えてくれたヒーローに違い無いのです。

Continue Reading